富岡製糸場

IMAGE

  • tomioka_01.jpg
  • tomioka_02.jpg
  • tomioka_03.jpg
  • tomioka_04.jpg
  • tomioka_05.jpg
  • tomioka_06.jpg
  • tomioka_07.jpg
  • tomioka_08.jpg
tomioka_01.jpg
tomioka_02.jpg
tomioka_03.jpg
tomioka_04.jpg
tomioka_05.jpg
tomioka_06.jpg
tomioka_07.jpg
tomioka_08.jpg

世界遺産である富岡製糸場は、明治5年に設立された日本初の官営模範製糸場です。

その建造物群を夜間にも見学できるよう、富岡市は照明設備の刷新とあわせ、照射エリアを拡大。
2018年3月、新たな光に照らされた富岡製糸場が披露されました。

この場所を訪れると最初に見えてくるのは、国宝「東置繭所」の煉瓦壁。
下方からの光を受け、歳月を経た煉瓦の色が闇に際立ちます。
奥に見える煙突(高さ37.5m)は、手前の煉瓦壁とともに、季節や行事に応じた色彩で照らされる予定。
歴史ある建造物群が、夜だけの新たな表情を見せていきます。

照明 : 
壁  ColorBurst IntelliHue Powercore×30台
煙突  ColorReach Compact Powercore RGB×4台

-------
このプロジェクトのインタビュー記事は、
弊社発行の情報誌「CK VIEWS」vol.18にてご覧いただけます。
情報誌をご希望のかたは、お問い合わせよりご請求ください。

情報誌「CK VIEWS」
https://www.colorkinetics.co.jp/ckviews

用途
歴史ある建造物
設計
照明デザイン : 飯塚千恵里照明設計事務所
所在地
群馬県富岡市
photo
Nacasa & Partners

関連商品

お問い合わせ