サンポート高松 高松シンボルタワー

IMAGE

  • tst_01.jpg
  • tst_02.jpg
  • tst_03.jpg
  • tst_04.jpg
  • tst_05.jpg
  • tst_06.jpg
  • tst_07.jpg
  • tst_08.jpg
  • tst_09.jpg
  • tst_10.jpg
tst_01.jpg
tst_02.jpg
tst_03.jpg
tst_04.jpg
tst_05.jpg
tst_06.jpg
tst_07.jpg
tst_08.jpg
tst_09.jpg
tst_10.jpg

高松市の市街地の北端に位置し、瀬戸内海に接する地区「サンポート高松」は、国と香川県、高松市、民間が一体となり再開発を進めたエリアです。
県の国際会議場や市の文化芸術ホールといった公共施設のほか、高松港やJR高松駅など海陸の交通施設、ホテルや広場も集積。
多様な活動の中核となり、にぎわいを生んでいます。

この地区を象徴するのが、四国で最も高い「高松シンボルタワー」のタワー棟。地上30階、高さは151.3m。
竣工の2004年から15年を経た2019年春、街のシンボルとしての魅力をより高めるため、市の中心部を向くガラス面に新たにフルカラーの光が加えられました。

ガラスの格子を生かした幾何学模様など、季節ごとに光のプログラムが用意され、時には点状のきらめきも加わります。
2019年には「瀬戸内国際芸術祭2019」に合わせて特別な光も披露されました。

地上から空へと続く光の軸は、にぎわいの中枢を象徴しながら、夜の街に彩りを添えています。

施主:高松シンボルタワー管理協議会
(香川県・高松市・シンボルタワー開発株式会社)

照明施工:株式会社四電工
照明設計:宮地電機株式会社

照明:PureStyle IntelliHue Powercore 189台
    StainedLight Micro 87個

用途
高層建築、ファサード演出
所在地
香川県高松市
photo
Nacasa & Partners

関連商品

お問い合わせ