HANEDA INNOVATION CITY「稲穂照明」

IMAGE

  • inaho_1.jpg
  • inaho_2.jpg
  • inaho_3.jpg
inaho_1.jpg
inaho_2.jpg
inaho_3.jpg

2020年に誕生した大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」は、
羽田空港に隣接し、先端技術と日本文化を発信する拠点です。

この施設の屋上に設けられたのが、
地元の神社「穴守稲荷」の神紋をモチーフにした稲穂照明。

地元のクリエイターを含めた協業により、
ビーズやワイヤーを用いて、稲穂を繊細に表現。
稲穂型のオブジェは風を受けてカーブを描き、
夜にはLEDの光を受けてやさしく輝きます。

稲穂照明の向こうには、羽田空港に行き交う航空機の光を臨むことができ、
この場所だけの光景を楽しむことができます。


使用製品: StainedLight Micro 12台

設計
設計:KAJIMA DESIGN
照明デザイン:トモルデザイン・メグロ
製作:ケント・チャップマン
クラフトアート:Emi Nakamura
所在地
東京都大田区
photo
Tsukasa Abe

関連商品

お問い合わせ